クラフト手芸資格をとるには

資格を取得すれば趣味を仕事に出来る

手芸が好きで、いろんな物を手作りしている人は多いでしょう。部屋に飾る為や友達や家族にプレゼントする為に作っている人もいます。ハンドメイドやクラフト手芸にも資格があるので、手芸が好きな人はチャレンジしてみると良いです。

 

ハンドメイドやクラフト手芸にはいろいろな種類があります。例えば、革製品を作ったり編み物をしたりなどあるので、自分の好きな事をしましょう。ビーズアクセサリー資格などを取得すれば、カルチャースクールを開いて講師になる事も出来ます。自分の好きな事を仕事に出来れば楽しく働けます。

 

人気がある資格について

1番人気があるのは、クラフトハンドメイドマイスターです。これは、ハンドメイドやクラフト手芸の創作スキルを一定以上の水準を満たしている人に与えられます。主催しているのは、日本デザインプランナー協会です。在宅で受験が出来て、試験は2ヶ月に1回と割と頻繁にあります。

 

クラフトハンドメイドマイスターは、初心者でも簡単に実用向きの物を作ることが目的です。なので、ハンドメイドに興味があるけど、何から始めたら良いのか分からないという人にオススメです。興味のある人は、通信講座を受講しましょう。

 

 

ビーズアクセサリー資格などいろいろある

手芸アドバイザーも人気があります。手芸の基本的な知識や技術を持っている人に与えられます。主催しているのは、日本生活環境支援協会です。手芸アドバイザーも在宅で受験が出来て、試験は2ヶ月に1回です。

 

この他にも、ハンドメイド・クリエイターや雑貨カフェクリエイター、ビーズアクセサリーデザイナーなどがあります。ビーズアクセサリーデザイナーになりたい人は、ビーズアクセサリー資格を取得しましょう。初心者でも簡単にビーズアクセサリーの作り方を覚えられます。自分の好きな資格を取得すると良いです。

 

まとめ

通信講座など資格を取得するまでの費用を高いと思う人は多いでしょう。しかし、取得すれば自分で作った物の販売やカルチャースクールを開いて講師になれます。そうなれば、かかった費用はすぐに取り返せます。カルチャースクールの講師になりたい人は、講師登録をする方法や自宅で開業する方法があるので、自分に合った方法を選びましょう。

 

1番簡単な方法は、自分で作った物をインターネットで販売する事です。パソコンが苦手な人でもすぐに覚えられます。無料で登録出来るサイトもあるので探してみると良いです。取得したなら、それを生かせる仕事をするのが1番です。

関連ページ

レジンアクセサリー資格を取るには
ハンドクラフトを趣味として楽しんでいる人は多いでしょう。ひとくちにハンドクラフトといっても、種類は豊富ですが、最近では手軽に材料が手に入ることもありUVレジン液で作るアクセサリーが人気を集めています。UVレジンとは透明な樹脂のことで、ライトを当てると硬化する特性があります。
レジンのオーダーメイドを受ける時の注意
近年手軽にハンドメイドできると人気のレジンアクセサリー。簡単に説明すると、型に液を流し込み固めるだけです。きちんとアクセサリーを作成する場合は別ですが、太陽光で固まるので専用ライトがなくても手軽に始められるのが人気の秘訣です。
レジンでできるデザイン
アクセサリー作りが人気を集めていますが、特に注目されているのがレジンを使って作るアクセサリーです。身近な場所で必要な道具を揃える事ができるので、誰でも簡単にアクセサリーを作ることができます。基本的な作り方に慣れてきたら作り方を工夫して様々なデザインのアクセサリーを作る事に挑戦してみましょう。
センスが問われるレジンデザイン
レジンを使ったハンドメイドのアクセサリーが人気を集めています。初心者でも扱いやすく、専門的な知識が無くても簡単に作れて、きれいに仕上がるところが魅力です。ただ、それだけに作家が飽和状態で、アイディア勝負で差をつけ合うような状況になっています。レジンのアクセサリーは、ミール皿にパーツを盛り合わせたり、シリコン型で抜いたり、押し花などを封入したりと、基本的にできることが限られています。