ミール皿の選び方と応用方法

ハンドメイドブームとレジン人気の高まり

ここ数年のハンドメイドブームで、レジンアクセサリー資格が人気になっています。

 

レジンを使ったアクセサリーは簡単なので、初心者でも気軽に挑戦できるのですが、センスに自信が持てなかったり、既製のミール皿にチャームやストーンを盛りつけるという方法だとすぐにマンネリしてしまうようです。そのためスクールに通う人も増えているのですが、アクセサリー資格を取得して講師になれば、材料の選び方や応用方法を教える立場になることができますし、今は実際にそういったことを教えられる講師が求められています。

 

資格取得することでできること

ハンドメイド作品を専門に扱うショッピングサイトやアプリがたくさん出ていて、ハンドメイド作家の数もここ数年でぐっと増えています。そのため、オーソドックスな作品を作れる作家は飽和状態で、よりオリジナリティが求められてきています。

 

ハンドメイド作家にしてみても、より高い技術を教えてくれたり、新しい視点でアドバイスをくれる存在を欲しています。アクセサリー資格を取得すれば、そのようなステップアップしたいハンドメイド作家から、今からレジンアクセサリーを始めたいという初心者まで、サポートしてあげることができます。

 

講師になることは難しくない

講師やアドバイザーといっても、特別な技術やセンスが必要というわけではありません。基本的にはレジンアクセサリーは簡単なものです。そのため人気が広まったわけでもありますし、アクセサリーという縛りがある以上、どんな人もちょっとしたアイディアの勝負になっています。

 

ミール皿の選び方にしても、使いたいモチーフが個性的な場合はシンプルな丸形や四角形を使ったり、モチーフの配置に自信が無い人の場合なら動物形などの特徴的な形のミール皿を使って、着色するだけでかわいいアクセサリーになるようにするなど、工夫次第でしょう。

 

まとめ

ハンドメイドブームのおかげでレジン人気が続いていて、ハンドメイド作家も増える一方になっています。ただ、そのためレジン作品のアイディア勝負は激しくなってきていて、新しいアイディアを求めていたり、ステップアップしたいと考えている作家も多いです。

 

難しいことを教えられなくても、基本的な技術を教えたり、ちょっとしたヒントを授けるアドバイザー的な存在が求められています。スクールでアクセサリー資格を取得すれば、講師としてハンドメイド作家やこれからレジンを始める初心者をサポートしてあげる立場になることができます。

関連ページ

レジンとは
オリジナルアクセサリーを作る方法の一つに、レジンがあります。紫外線で固まるレジン液を使用してアクセサリーを作る方法であり、すでにさまざまなパーツが販売されているので好きなように組み合わせるだけの手軽さがあります。太陽の紫外線でも30分から1時間程度で固めて完成させることができ、またUVライトがあればさらに短い時間で完成させることができます。
レジンアクセサリーの使い方
最近多くの人たちからの人気を集めている「レジンアクセサリー」日本にはそのレジンアクセサリーを作る人たちへ向けた認定試験が存在しています。この試験は在宅受験が可能であることと自宅から簡単にインターネットで申し込みが出来ることから、誰でも気軽に受験することが可能となっています。
レジンアクセサリー作りに必要な道具
今はハンドメイド作品を自分の趣味だけではなく、アクセサリー資格など取得していなくてもサイトやフリマなどで売ることができる時代になりました。そんな中、透明なレジンアクセサリー作りがハンドメイド好きな人たちから人気を集めています。ガラスのような透明なレジンの中に貝殻やビーズ、ラメなど好きな物を閉じ込めてアクセサリーにすれば世界に一つのオリジナル作品を簡単に作ることができます。
レジン制作にかかる費用や原価
ハンドメイドアクセサリーの販売を副業、ゆくゆくは本業にしたいと考える人が増えて、アクセサリー資格を取得できるスクールが人気になってきています。 ハンドメイドアクセサリーの中でも、レジンを使ったものは特に簡単で、初心者でも見栄えのする作品を作ることができるので、始めやすいでしょう。
レジンの品質と仕上がりの違い
レジンを使ったハンドメイドのアクセサリーが人気です。レジンは初心者にも扱いやすく、特別な技術が無くても簡単にきれいに仕上げられるため、始めやすい趣味でもあります。最近はハンドメイド作品を販売して副業にすることも流行しているので、本格的に学ぼうという人も増えています。
レジンアクセサリー資格をとるのにかかる費用
レジンアクセサリーは、簡単に自由なデザインで作成できるとして、ハンドクラフトの中でも高い人気を誇ります。趣味として楽しむ人も多い一方、ネットショップやフリーマーケットなどで販売したり、カルチャースクールや自宅で講師をしたりして、収入を得ている人もいます。
レジン資格で学べることと実力
近年ハンドメイド市場が活気に溢れており、簡単で素敵な作品が作り出せるレジンは人気の高いジャンルでもあります。手頃な値段で機材や材料を購入することができ、創意工夫次第でオリジナル作品を作ることができます。 作品もキーホルダー・ヘアアクセサリーといった生活に密着したものから、幻想的なアート作品まで一度基礎を取得すれば、表現は思いのままになります。
レジン制作で気をつけること
レジン制作は100円ショップにあるものを使って簡単に制作できるため、人気を集めています。使える素材も紙や金属だけでなく、プラスチック、タイルなど様々です。中には、蝶の羽や花をアクセサリ―にしている人もいます。 しかし、レジン制作をする上で、いくつか気をつけることがあります。それは健康面でもそうですし、レジンに使用する材料、他にも商用利用に関するものまであります。
レジン資格取得までの期間
手作りアクセサリーが人気で流行っていますが、中でもレジンは色んなものを材料として使うことができて、樹脂の中に封入するアイテムや、形をきれいに形成するために型枠をそろえることでバラエティ豊かに作り上げることができます。
レジン資格は生涯学習にも生かせる
簡単にかわいくて本格的なアクセサリーが作れるため、若い女性を中心にレジンを使ったハンドメイド作品が人気になっています。作った作品はフリーマーケットやショッピングサイトで販売できるというだけでなく、アクセサリー資格を取得すれば、アクセサリーの生涯学習講師の道も開けます。作品を販売する場合にも、資格を取得していれば信用されますし、自信にもなります。
安全に制作するためのポイント
アクセサリー資格を取得するために、たくさんのアクセサリーを作っているという人の数が増えています。何度もアクセサリー作りを経験することで作業がスムーズに進むようになるので大量生産をすることが可能になります。アクセサリー作りは安全だと思われがちですが、使う道具や素材によっては危険な場合があるので注意しながら作業を行うようにしましょう。
おしゃれなデザインを作り上げるコツ
副業としてアクセサリーを作って販売するという人が増えています。現在は身近な場所でアクセサリーを作るための道具を手に入れることができるので、誰でも簡単にアクセサリーを作ることが可能です。アクセサリーを作り始めたばかりのころはたくさんの人から人気を集めるおしゃれなデザインのアクセサリーを作ることは難しいです。
UVレジンでできるピアスアクセサリー
ファッションの1つとして、アクセサリーを普段から身につけている方はかなり多いと言われていますが、市販されているアクセサリーは自分の好みのデザインのものが販売されていないと感じている方も多く、手作りのオリジナルアクセサリーを趣味にしている方が増えてきています。
UVレジンでネックレスをデザインする方法
手作りが趣味という人に人気となっているのが、UVレジンによるアクセサリー作りです。液体を紫外線よって硬化させていくもので、好みの型に流し込めば、可愛い形を作ることが出来るだけでなく、そこにパーツを埋め込んだり、様々な色をつけたり、様々な楽しみ方が出来ます。
UVレジン液の種類と選び方
最近人気のレジンを使ったアクセサリーですが、特に初心者でも簡単なので、UVレジン液を使う方が増えています。そんな人気のUVレジンですが、実は、硬化後の固まり具合によって、三種類にわけられます。そのため、自分の作りたいアクセサリーに合わせて、UVレジン液を使い分ける必要があります。
シリコン型を使ったレジンデザイン
ハンドメイドアクセサリーが相変わらず人気ですが、中でもレジン作品の人気は根強いものがあります。ハンドメイド作品専用のショッピングサイトやアプリが発達してからは、ハンドメイド作家の人口がますます増えて、一種飽和状態のようになっています。
封入できるビーズやパーツの選び方
アクセサリーを作るときに必要なビーズやパーツの選び方がわからないという人が多いです。特に、初めてアクセサリー作りに挑戦する場合はどのような物がアクセサリーに適しているのか見分けるのが難しいという傾向があります。ビーズやパーツを選ぶときに迷ったら、作品のイメージを考えながら選ぶようにしましょう。
立体的にパーツを配置するコツ
趣味で作った作品を売りたい人と、オリジナリティのあるアクセサリーを欲しがる人とのマッチングの結果、ハンドメイド市場が盛り上がりを見せています。ハンドメイド作品専用のショッピングサイトやフリマアプリなどが登場して、ますます勢いを増しています。
レジンでグラデーションデザインを作る方法
ハンドメイドの人気は昔も今も変わりありません。変わるとするならそのハンドメイドの種類は豊富になり人気のアクセサリーだけでも様々な素材で作られるようになりました。材料もネットで簡単に手に入るようになり手軽に楽しめるようになりました。
和風デザインにするためのアイデア
和風デザインは建築分野で使われる用語です。それは日本古来の外国建築物には見られない独自の伝統的な住宅工法にあるとされています。格子状の引き違い戸であったり、日本瓦と深い軒、畳敷きの日本間と広縁とか、欄間や床の間、違い棚、障子のデザインなどは我国独特のものとして引き継がれて来ました。
メルヘンチックなデザインにするためのコツ
市販のアクセサリーを身に着けるのももちろん素敵ですが、思い通りのものが手に入りにくいという悩みを抱える方も多いでしょう。そのような場合は自分でアクセサリーを作ってしまうというのがおすすめです。アクセサリー資格もいくつか存在し、知識や技術を身に着けることで認定され、資格取得ができます。
気泡を消すデザインと気泡を残すデザイン
今、ハンドメイドが人気の時代となっています。既製品にはない自分の好きなデザインのアクセサリーを自分自身で作って愛用している人もたくさんいます。自分好みに作れれば作品にも愛着が出ますよね。手芸屋さんにいくと簡単に作れる素材が売られています。その中でも人気なのがレジンです。
簡単に大量生産できるレジンアクセサリー
手に職を付けておくのであれば、資格の取得は有効的な方法ですが、そんな中でも近年簡単に作ることができるという事で人気なのがレジンアクセサリーになります。レジンとは硬化樹脂のことで、透明な樹脂を使用して好きなパーツをレジンによって固めていってアクセサリーを作ることができる人気のアイテムとなっています。
レジンアクセサリーで表現できないこと
ハンドメイドブームが続いており、各地のイベントや専門ショップなどがますます盛況です。中でもレジンアクセサリーは、簡単で誰でも始めやすく、特別な技術が無くてもきれいな作品を作れることで人気のジャンルです。レジンは扱いやすくて、ドライフラワーやチャーム、ガラスやビーズなどを封入するだけで、見栄えのするアクセサリーにすることができます。