レジンアクセサリー資格講座おすすめ・ランキングガイド

上品なクラフトUVレジンの基礎知識

 

作り方が簡単できれいに仕上がる

レジンは紫外線を使って硬化させますが、日光なら大体半日から1日ほどで固まります。

 

レジンの中に閉じ込める物はアイデア次第で無数

本物の押し花やパール、貝殻、レジン用モチーフパーツ、糸、スパンコール、ミニチュアなど様々な物を閉じ込めることができます。中には、本物の食べ物を閉じ込める方もいます。

 

個性的で幻想的な仕上がり

ブルーのレジンに細かいラメパウダーを閉じ込めて小さなラインストーンを散らすと、まるで宇宙空間のような仕上がりになります。

 

 

 

UVレジンクラフトは、レジン液という紫外線で硬化する液体を使って作る作品のことです。作り方が簡単できれいに仕上がるため、ハンドメイドが好きな方に人気があります。レジン液は透明なので、中にパールやビーズ、花などを閉じ込めることができます。

 

レジンは紫外線を使って硬化させますが、日光なら大体半日から1日ほどで固まります。時間を短縮したければ、UVライトがあると便利です。使うレジン液の量やUVライトのワット数にもよりますが、大体15分から30分ほどで固まります。UVレジンを使って作るアクセサリーは、ピアス、ネックレス、ブレスレット、ブローチ、キーホルダーなどがあります。

 

ミール皿や空枠にレジンを入れて作る方法と、シリコン型で型を取る方法、透かしパーツにビーズやパールなどをレジンで接着する方法があります。レジンの中に閉じ込める物はアイデア次第で無数にあります。

 

  • 本物の押し花
  • パール
  • 貝殻
  • レジン用モチーフパーツ
  • スパンコール
  • ミニチュア

 

など様々な物を閉じ込めることができます。中には、本物の食べ物を閉じ込める方もいます。また、カラーUVレジンを使えば、色をつけることもでき、個性的で幻想的な仕上がりになります。ブルーのレジンに細かいラメパウダーを閉じ込めて小さなラインストーンを散らすと、まるで宇宙空間のような仕上がりになります。

 

ハンドメイドブームということもあり、簡単に作れるUVレジンはとても人気があります。趣味として作るのなら材料さえあれば可能ですが、もし、作った作品をいずれどこかで売りたいと考えているのなら、資格を取得することをお勧めします。

 

レジンは作り方を間違えてしまうと、割れてしまったりフレームから外れてしまいます。講座を受ければ、作品作りの基礎や細かなコツまで学ぶことができるので、自分で試行錯誤し続けるよりも近道となります。

 

さらにレジンアクセサリー資格を取得することで、売るときにもきちんと資格を持っていることをアピールできます。売るときのデザインはもちろんオリジナルでなくてはいけませんが、技術や知識はきちんと講座で学んでおきましょう。

 

UVレジンでピアスもキーホルダーも手作りできる

 

UVレジンで作れるアクセサリーは無限

UVレジンを使って作るアクセサリーは、ピアス、ネックレス、ブレスレット、ブローチ、キーホルダーなどがあります。

 

ハンドメイドグッズの中でも特に人気

ハンドメイド作品は二度と同じものを作ることができまず、世界にたったひとつのものということになります。

 

レジンアクセサリーは副業に最適

レジンはUVライトがあれば短時間で作成できるので、お客様からの注文にも柔軟に対応できます。また、本職のお休みの日や、空いた時間に作れることも強みです。

 

 

UVレジンで作れるアクセサリーは無限です。必要な材料は、UVレジン液、シリコンモールド、空枠、ミール皿、プラ板、爪楊枝、ピンセット、マスキングテープ、ピンバイス、ペンチ、レジンに封入するイラストシート(レジン用)やモチーフなど、ネックレスやピアスなどのパーツ、UVライト(必要な場合)です。作り方はとても簡単です。ミール皿を使ってアクセサリーを作る場合は、まずミール皿よりも少し盛り上がるくらいまでレジン液を入れます。

 

次に、ピンセットか爪楊枝を使って細かなパーツを好きな位置に入れていきます。気泡ができてしまったら、爪楊枝の先でひとつひとつ丁寧に潰していきます。レジン液をこぼさないように気をつけながらUVライトに入れ、固まるまで照射します。

 

完全に固まったかどうか確かめるために、爪楊枝で軽くつつきます。そこで少し柔らかさが残っているようなら、追加で照射します。しっかりと固まったら、ピアスやキーホルダーなどのパーツを取り付けて完成です。さらに、もうひとつの作り方を紹介します。

 

UVレジンを接着剤のように使う作り方です。まず、マスキングテープの粘着面を表に向けた状態で、両端を少しだけ織り込んでプラ板につけます。そのマスキングテープの上に透かしパーツというパーツを乗せ、その上にビーズやパール、ビジューなどを隙間なく配置していきます。配置が決まったら、ひとつひとつのパーツにレジンを少量つけ、透かしパーツに接着していきます。

 

この時点ではまだレジンは液体なので、配置を変えたい場合は簡単に変更できます。ピアスやイヤリングの場合は左右対象になっているものをもうひとつ作ります。最後は、UVレジンでしっかり固め、アクセサリーパーツを取り付けます。

 

パールやビジューを使ったアクセサリーはとても高級感があり、華やかで人気があります。空枠を使った作り方も、透かしパーツと同じです。マスキングテープに枠をしっかりとつけることで、レジン液が枠からはみ出ることはありません。もしはみ出てしまったら、硬化させた後に小さなハサミで切り取ることができます。

 

ハンドメイドグッズでも高く売れるUVレジン

ハンドメイドブームの今、ハンドメイド品を販売するためのサイトも数多くあります。大量生産の既製品と違い、ハンドメイド作品は二度と同じものを作ることができまず、世界にたったひとつのものということになります。

 

また、同じデザインのものを複数作るとしても、一人が作る数は限られているので、希少ということになります。その特別感が、アクセサリーや小物好きな人たちの心をくすぐるのです。ハンドメイドグッズの中でも特に人気なのが、UVレジンのアクセサリーです。UVレジンはアイデア次第であらゆるデザインのものを作れます。

 

大ぶりなビジューやパールをふんだんに盛り込んだデザインならゴージャスに、小さな歯車モチーフを閉じ込めたものなら個性的に、本物の押し花を閉じ込めれば上品で可愛らしいアクセサリーが出来上がります。さらに、同じデザインのピアスやネックレスなどを色違いで作れば、カラーを選べる楽しさが加わってより人気の高い作品となります。

 

封入するものは自由ですが、少しだけ注意点があります。水分の多い生花や食べ物は、変色してしまうことがあります。変色だけならまだ良いのですが、カビが生えてしまうこともあり、そうなると作品としては成り立ちません。

 

水分の少ない押し花等を封入する場合も、何度もレジンを重ねて空気が一切入り込まないようにしなければいけません。また、キャンディやチョコレートはレジンを固めるときの熱で溶けてしまうのでお勧めできません。最近は100円ショップでもレジンクラフトの材料が売られています。

 

レジンアクセサリー自体は作ることがとても簡単なので、100円ショップのレジン液を使用しても構わないのですが、強度が少し弱いことがあります。そして、もうひとつ注意点があります。レジン液を触るときは、素手で触らず手袋をつけるようにしましょう。

 

まだ固まっていない状態のレジン液を素手で触ると、痒みや痛み、赤みなどが出ることがあります。アレルギー体質の方は特に注意が必要です。このような基本的な知識や作り方は、アクセサリー資格の講座を受講することで得られます。

 

大量に作りやすく保管もしやすいから副業に最適

レジンアクセサリーは簡単に作れる上、同じデザインの作品を作りやすいので、販売するときのメリットとなります。また、生ものを封入しない限り、レジンアクセサリーは長期間保管もできます。たくさん作り置きして在庫を貯めてから販売することも可能です。

 

レジンアクセサリーを趣味で作り始めたものの、どんどん上達して今は副業にしているという方もいるようです。作成するのに長時間掛かってしまうハンドメイド作品とは違い、レジンはUVライトがあれば短時間で作成できるので、お客様からの注文にも柔軟に対応できます。また、本職のお休みの日や、空いた時間に作れることも強みです。

 

レジンアクセサリー販売を、副業に留まらず本職にされている方ももちろんいます。お客様の需要とその方のセンスがマッチしているからこそできる業ですが、お客様がどういった作品を求めているかは、作品を作って売り出してみるまでわかりません。

 

自分ではいまいちと感じていた作品がよく売れたり、逆に自信があった作品がまったく売れなかったりすることもあります。間違いなく売れる作品を作るためには、やはり確かな技術と、知識の習得が不可欠です。また、売れる一番のコツとしては、やはり楽しんで作ることです。

 

そして、自分が欲しいと感じる作品を作ることです。ひとつひとつ丁寧に作られていることがハンドメイド作品の一番の魅力なので、大量に作りたいからと手を抜かず、きちんと丁寧に作り上げることが大切です。

 

利益を上げるコツは、もうひとつあります。それは、コストを削減することです。作品を売るために必要な梱包材の大きさや重さをできるだけ小さく軽くすることや、安いサイトで材料を取り揃えることも重要です。

 

さらに、ハンドメイド作品ならではの特別感をお客様に味わっていただくために、手書きのメッセージを添えることをお勧めします。ハンドメイドのアクセサリー作家は、リピーターなしには売れっ子になれません。一度購入してくださったお客様を大切にして、コストを削減し、尚且つ材料費を抑えれば、十分に利益を上げられます。

 

透明なレジン液の中に、キラキラと光るモチーフや鮮やかに輝くビーズたちがひしめくレジンアクセサリーは、女性の心を掴んで離しません。

要点を紹介するキャラクター

 

クラフト手芸のおすすめ資格ランキング

クラフト手芸の資格が取得できる講座は多数ありますが、その中で選りすぐった講座をランキングでお伝えします。

 

レジンアートデザイナー資格

レジンアートデザイナー資格の特徴

自分のイメージしたものを形にすることができ自分好みにデザインしオリジナルのレジンが作れるレベルに達した方が認められる資格です。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
レジンアートデザイナー資格の総評
  • 紫外線硬化樹脂であるレジンを使い、金属などを中に閉じ込めて作るレジンアート作りの知識が身につく
  • 思うようなデザインのレジンアートを製作できるようになる。
  • フリマやネットショップなどで作品を販売することも可能になる。
公式サイトへ

 

画像名を入力

ビーズアクセサリーデザイナー資格の特徴

アクセサリー資格の中で、レジンに次いで人気なのがビーズアクセサリーです。ビーズに関する知識、天然石に関する知識、ビーズテクニックなど、ビーズアクセサリーの作成に達成し、試験に合格すると認定されます。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
ビーズアクセサリーデザイナー資格の総評
  • 空いた時間に自分のペースで身につけられる。
  • ビーズに関する知識、天然石に関する知識、ビーズテクニックなどなどを体系的に身につける事ができる。
  • ビーズアクセなどをネットショップやフリマなどで販売することも可能。
公式サイトへ

 

画像名を入力

ニードルフェルトデザインマスター資格の特徴

ニードルフェルトとは、ニードルという細い針を刺してフェルトを固める手芸のことです。自分がイメージした通りの作品を作れるレベルに達し、試験に合格した人が認定される資格です。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
ニードルフェルトデザインマスター資格の総評
  • 人気の羊毛フェルトを製作する技術が身につく。
  • 基本的な技術から応用を習得出来る。
  • 上達すると、フリマやネットショップで販売することも可能。
公式サイトへ

 

1位:レジンアートデザイナーW資格取得講座

レジンを触ったことがないような完全な初心者でも始められます。テキストのレシピ通りに講座を進めていきますが、行き詰まったときやわからないことがあるときは質疑応答が無制限で利用できます。基本的なUVレジンの扱い方や道具の使い方を始め、レジンアクセサリーを作るための技術をたくさん学ぶことができます。この講座では「レジンアートデザイナー」と「UVレジンデザイナー」の二つの資格を同時に取得することができます。

 

2位:ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座

アクセサリー資格の中で、レジンに次いで人気なのがビーズアクセサリーです。講座では、学習テキストに沿いながら実際に作り進めていくことができます。時間制限はないので、空いた時間に自分のペースで作ることができます。この講座では「ビーズアクセサリーデザイナー」と「ビーズアクセサリーインストラクター」の二つの資格を取得可能です。

 

3位:ニードルフェルトデザインマスターW資格取得講座

ニードルフェルトとは、ニードルという細い針を刺してフェルトを固める手芸のことです。なかなか自分がイメージした通りの作品を作ることが難しいのですが、講座では基本的な技術から応用まで学ぶことができます。「ニードルフェルトデザインマスター」と「羊毛フェルトアドバイザー」の二つの資格を取得することができます。

 

それぞれの講座には、試験免除で二つの資格が取得できるスペシャル講座もあります。とにかく早く資格を取りたいという方にお勧めです。無理なく自分のペースで進められるのが通信講座のメリットです。テキストや試験は、ハンドメイド好きな人にとってはワクワクする内容となっています。資格は、楽しんで取得することが一番大切です。特にUVレジンの講座は、知識を得れば得るほど、技術を習得すればするほど、目を見張る作品作りにつながっていくことを実感できるので、お勧めです。

 

一番おすすめなのは「レジンアクセサリー資格」

UVレジンはアイデア次第であらゆるデザインのものを作れる
レジンアクセサリーは長期間保管もでき副業に最適
アクセサリー資格取得者としてより多くの人に作品を知ってもらえる

講座を受けてアクセサリー資格を取得することにより、徐々に「売れる作品」の作り方がわかるようになってきます。また、資格取得後は、アクセサリー資格取得者としてブログを開設したりインスタグラムなどのSNSで発信していくことで、より多くの人に作品を知ってもらえます。レジンアクセサリーの販売を趣味の範囲内でやっていくだけなら問題はありませんが、本気で売れるものを作りたいという方は、やはりきちんとアクセサリー資格を取得することをお勧めします。

 

ハンドメイドの資格講座で一番お勧めなのは、レジンアクセサリー資格です。最初に特別な技術がなくても簡単なものが作れるからです。材料費も、膨大に掛かるものではありませんし、UVライトやペンチなどの道具は一度揃えてしまえば当分使うことができます。レジンアクセサリーは、気軽に作れる上、出来上がりはとても豪華で、まるで店で売っているような仕上がりになります。売るつもりはなくても、本格的なアクセサリーを自分好みに作成したいという方にもお勧めです。お店で見たアクセサリーのデザインを真似て、もっと安価に作ることもできます。また、丁寧に作ったアクセサリーをプレゼントしたいという方にも資格取得をお勧めします。美しいレジンアクセサリーは、贈り物に最適です。プレゼントを贈る相手の好きなモチーフを封入してもいいですし、イメージに合わせてゴージャスなものやシンプルなものを作り分ける楽しさもあります。

 

仲の良い友人同士、または親子でお揃いにしても素敵です。レジンアクセサリー作りの技術が向上すると、レジン用の型も自作できるようになります。そうなると、ますます作品の幅が増えていきます。パーツも、インターネットで購入するだけではなく、小さな押し花などを自作することも可能です。上達して、どんどん素敵なものを作りたいという方にとっては、レジンは最適なクラフトと言えます。でも、まずは基本的なことから入ることが大切です。まずは講座を受け、技術をしっかり学んで、アクセサリー資格を取得することから始めましょう。

 

レジン資格講座

 

まとめ

UVレジンのアクセサリー作りにはまったら、もう抜け出せないという方が多くいます。やはり、何といってもその美しさが理由でしょう。透明なレジン液の中に、キラキラと光るモチーフや鮮やかに輝くビーズたちがひしめくレジンアクセサリーは、女性の心を掴んで離しません。インターネットで「レジン」と検索すると、実に様々な作品の画像が出てきます。

  • ネックレス
  • ピアス
  • ブローチ
  • ブレスレット
  • キーホルダー
  • ヘアアクセサリー
  • スマホカバー
  • ピルケース

どれも個性的で美しく、とても豪華です。カラーのレジン液を使った作品も数多く出てきます。透明なレジン液とブルーのレジン液を合わせてグラデーションを生み出した、海のような作品もあります。数々の素晴らしい作品を見ていると、いかにレジンクラフトが人気なのかがわかります。その中でも一際目を引くのは、やはり作品を販売している作家さんたちのアクセサリーです。その作品を作れるようになるまでにどれくらいの時間が掛かったかわかりませんが、いずれも基本的な技術を取得しているからこそ成せる業です。もしかしたら、何年も掛かってやっと取得できた技術なのかもしれません。その遠い道を縮める役割を果たすのが、アクセサリー資格講座です。

 

自分で技術を編み出すには、やはりそれなりの時間と労力が必要となります。講座を受け、学ぶことでその時間と労力を節約することができます。おまけに、資格取得という肩書きまで得られます。レジンアクセサリーに興味を持ち、これから作ってみようと考えている方や、それを仕事にできたらと願っている方はぜひ、講座を受講してみてください。作っていて楽しく、買い手にも喜ばれるハンドメイドアクセサリーは、副業にピッタリです。楽しくなければ続けられないものですが、ハンドメイドが好きな方なら、簡単に資格を取得できます。講座を受ける方法はとても簡単で、インターネットから申し込みができます。試験も、家に居ながらにして受けられるのでとても便利です。講座で学んで、素敵なレジンアクセサリーをたくさん作ってください。

更新履歴